2017年02月23日

#12 無着成恭さん

muchak01.jpg
(むちゃく・せいきょう)1927年、山形県沢泉寺の長男として生まれ、跡継ぎとして育てられる。山形師範学校に進み、1948年、21歳で同県山元村中学校に赴任。戦後の民主主義教育の実践として展開した「生活綴方」は、後に『山びこ学校』として出版され(現在は岩波文庫所収)、大きな反響を呼んだ。1952年、沢泉寺住職に。1954年に上京し駒澤大学仏教学部に学び卒業。私立明星学園教諭を経て、千葉県香取郡の福泉寺、大分県国東市の泉福寺住職を歴任。1964年からはTBSラジオ「全国こども電話相談室」の名物回答者として33年間出演した。

インタビュー日時:2016年10月30日
場 所:無着さんご自宅マンションの共同図書室(大分県別府市)
聞き手:奥地圭子
写真撮影:木村砂織
記事公開日:2017年2月23日

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  12futoko50mucak.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

奥地 こんにちは、おひさしぶりです。

無着 奥地さんは、私と出会ったころと比べて、ずいぶん貫禄がつきましたね、顔に。

奥地 そりゃあ、そうですよ。だって40年以上経っていますよ(笑)。


●子ども電話相談室で

無着 その本(『TBSラジオ全国こども電話相談室』)、読んでくれた?

奥地 読みました。おもしろかったです。私が知っている無着さんと変わらないなあと思って。

無着 その昔、奥地さんにも出演してもらいましたね。子ども電話相談室に現場の教師を入れたいので紹介してくれと言われて、30人ぐらい紹介したんだけどさ、みんなマイクの前に立って、質問になったら、ふるえあがってしゃべれないのよ。堂々としゃべったのは、奥地さんだけでね。この人なかなかやるなあと思いましたよ。

奥地 おもしろかったですね。「馬の顔は、なんで長いんですか」とか、珍問の連続で。無着さんは33年間、回答者を務められたんですよね。

無着 番組開始から33年間やりました。1987年にお寺の住職になってからは、お葬式やなんかあったら、行けなくなってね。1997年に放送が日曜日になったので辞めたんですが、俺が受けた最後の質問は、「仏様と神様では、どちらがえらいんですか?」という質問でした。

奥地 それで「神様にはお経がなくて、仏様にはお経があるから仏様のほうがえらいのです」と(笑)。

無着 そうそう。それから、「私のおちんちんは、小さいんだけど、こんな小さいおちんちんでも子どもをつくることはできるでしょうか」とかね。それで、「いざとなったら、大丈夫だから」とか(笑)。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 10:29| Comment(0) | インタビュー:学校関係