2017年04月29日

#16 清水將之さん

shimizu.jpg

(しみず・まさゆき)
1934年、兵庫県芦屋市生まれ。1960年、大阪大学医学部卒業、1965年、同大学院修了。医学博士。大阪府立中宮病院、大阪大学医学部精神医学教室、名古屋市立大学医学部精神科助教授を経て、三重県立こども心療センターあすなろ学園園長(現在は三重県特別顧問)、日本子どもの未来研究所所長、関西国際大学名誉教授、神戸レインボーハウス顧問。著書に『青い鳥症候群』(弘文堂1983)、『思春期のこころ』(NHKブックス1996)、『新訂 子ども臨床』(日本評論社2009)、『養護教諭の精神保健術―子どものこころと育ちを支える技』(北大路書房2013)など多数。

インタビュー日時:2017年1月30日
聞き手:山下耕平、田中佑弥
場 所:ご自宅マンションの談話室(神戸市)
記事編集・写真撮影:山下耕平
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  16futoko50shimizu.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

山下 今日は、長期的な視野から、不登校についてお話しいただけるということですが。

清水 学校がない時代には不登校はあり得なかったですね。まずは、そこから考えてみたいと思います。
 近代に入るまでの時代は、ほとんどの民衆は農漁民で、子どもは農作業や浜仕事のできる年齢になれば、親と作業をともにしながら、大人になっていったわけです。
 701年に大宝律令が施行され、都に大学が、地方主要都市に国学が設置されました。大学は貴族のため、国学は郡司の子息のための学校です。いわば支配層の子弟のための、公務員養成所のようなもので、おもに儒教を教えていました。
 平安時代に入って、821年、京都に勧学院ができます。藤原冬嗣が建てたもので、これは一般貴族にも開かれた寄宿舎制の学校だったと言えます。
 さらに829年になると、空海が綜藝種智院を開きます。これは身分貧富にかかわりなく、勉強したい人は誰でも来ていいという学校だったんです。学費は無料で、教員にも生徒にも給食まで供されていたそうです。空海は教育論も書いていて、その写本が残っています。儒教だけではなく、仏教、道教など、あらゆる思想・学芸を総合的に学ぶことのできる場だったようです。しかし、綜藝種智院は空海が他界して4年後に閉鎖されてしまいます。もちろん、史料もほとんど残ってないから、実態はわかりません。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 11:50| Comment(0) | 医療関係

2017年04月25日

#15 山田廣子さん

yamada.jpg

(やまだ・ひろこ)
1943年、山口県下関生まれ。1962年に大洋漁業へ入社し、1968年に退社、その翌年に結婚して1971年に長男が、1974年に長女が生まれる。1986年、長男が高校1年のときに登校拒否し、1989年に高校を退学。1990年に親の会「下関虹の会」を発足。1991年、長男は東京へ。同年、「下関虹の会」の代表になり、現在にいたる。

インタビュー日時:2016年10月29日
場 所:ご自宅(山口県下関市)
聞き手:奥地圭子、木村砂織、山口幸子
写真撮影:木村砂織
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  15futoko50yamada.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

奥地 親の会を立ち上げられたのは何年ですか?

山田 1990年1月です。

奥地 ちょうど登校拒否を考える全国ネットワーク(現在はNPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク)を立ち上げた年といっしょですね。全国ネットのことは、すでにご存知でしたか?

山田 知っていました。主人といっしょに東京で開かれた合宿に行って、主人が「父親が語る不登校」というシンポジウムに出させていただきました。内容はとても深刻な話なのに、みなさんそれを笑いに変えていて、とても盛り上がりましたね。その主人も2009年に亡くなりましたけれども。


●高校で不登校に

奥地 そうでしたね。お子さんは、何年ごろから学校に行かなくなったのでしょう。

山田 1986年で、高校1年生のときでした。ただ、その以前にも、小学校5年生の3学期に、1カ月ほど行かれなくなったことがありました。そのときの担任は50代の女の先生だったんですけど、すごい厳しい先生でね。息子は学級委員をしていたんですが、先生にとってよくないことがあるたび、クラスで何かあるたびに、息子に「あなたのせいだ」と言って、すべて息子が悪いように言われていたんです。それで、理科室には鍵がかかるんですが、先生がそこに入って泣くと言うんです。そこに息子が行って謝るわけですね。「悪かったです、悪かったです」って。そうこうしているうちに、息子のほうが学校に行けなくなってしまいました。息子は「僕が悪いせいで先生がいつも泣いてしまう」と言っていました。
 休んでいるあいだは、同じ団地に住んでいた同級生の男の子が、パンとか宿題を持ってきてくれていました。それで、その持ってきてくれる荷物のなかに、3学期の終わりごろ、「何でもいいから先生のことについて書いてきなさい」という用紙があったんです。全員に配られたものなのか、息子だけに渡されたものなのかはわかりませんし、私は、たぶん書かないだろうと思っていたんですが、息子は「書く」と言って、自分がしてほしくないことを箇条書きにしたんです。「理科室に入ってすぐ泣くようなことはしないでほしい」とか「授業中に机のイスを外に出して、教室で床に座らせたりしないでほしい」とか10項目ぐらい書いて、それを学校に持って行ったんです。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 17:30| Comment(0) | 親/親の会