2017年07月07日

#22 北村小夜さん

kitamura.jpg

(きたむら・さよ)
1925年、福岡県久留米市生まれ。1950年〜1986年まで都内の小・中学校で教員(そのうち1965年から86年の退職まで中学校で特殊学級担任)。子どもたちとのつき合いのなかから、子どもを分けてはならないことに気づき、共に学ぶ地域の学校づくりを目指して、障害児を普通学校へ・全国連絡会世話人などで活動してきた。1990年〜1991年、中国の長春師範学院で日本語を教える。著書に『一緒がいいならなぜ分けた』(現代書館1987)、『再び住んでみた中国』(現代書館1992)、『能力主義と教育基本法「改正」』 (現代書館2004)、『戦争は教室から始まる』(現代書館2008)など。

インタビュー日時:2017年6月5日
聞き手:山下耕平
場 所:北村小夜さんご自宅(東京都大田区)
写真撮影:山下耕平

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  22futoko50kitamura.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

山下 北村さんは、お生まれは何年になりますでしょうか。

北村 私は1925年、福岡県久留米市に生まれました。92歳なので、明日には死んでるかもしれません(笑)。私が生まれた年に治安維持法が公布されて、その後、どんどん戦争に向かっていって、20歳のときに敗戦になりましたが、戦後の混乱期は相当なものでした。食べ物はないし、多くの人が死んでいるか生きているかわからなくて、人さがしをしていて、進駐軍の検閲も厳しくて……。
 来年が明治維新から150年ということですが、大ざっぱに言えば、明治維新から敗戦までが70年ちょっと、敗戦後から現在までが70年ちょっとですね。いまは、私が子どものころ、戦争前の状況とよく似ています。ちょうど少し前に震災もあって、偶然かもしれないけど、いろんなことが重なる。戦後、こんなに物騒な時代はなかったと思います。

山下 なるほど、たしかに符合することが多いように思いますね。まずは、ご自身の子ども時代の、学校との関係からうかがいたいのですが、小学校に入学されたのは何年になりますでしょうか?つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 13:40| Comment(1) | 学校関係