2017年12月29日

#30 山下英三郎さん

yamashita.jpg

(やました・えいざぶろう)
1946年、長崎県生まれ。日本社会事業大学名誉教授。NPO法人修復的対話フォーラム理事長。早稲田大学法学部卒業後、社会人経験を経た後1983年にユタ大学ソーシャルワーク学部修士課程に入学、1985年に同課程を卒業。1986年から埼玉県所沢市において、日本で初のスクールソーシャルワーカーとして実践活動を行なう。また、1987年から2010年まで子どもの居場所「バクの会」の運営に携わる。1997年から日本社会事業大学教員。1999年、日本スクールソーシャルワーク協会を立ち上げた。著書に『いじめ・損なわれた関係を築きなおす』『エコロジカル子ども論』(ともに学苑社)など多数。

インタビュー日時:2017 年9 月18 日
聞き手:須永祐慈、増田良枝、中村国生
場 所:山下英三郎さんご自宅(長野県)
写真撮影:中村国生

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  30futoko50yamashita.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

須永 よろしくお願いします。山下さんは、さまざまな子どもたちと出会ってこられたと思うのですが、その話の前に、山下さんご自身の経歴からおうかがいしてよろしいでしょうか?

山下 生まれは長崎市で、1946年に生まれました。

須永 長崎市内ですか?

山下 長崎市内です。僕が生まれる7〜8カ月前に原子爆弾が落ちました。僕の母がいた場所は中心街ではなかったけれども、翌日、何もわからず知人を探しに爆心地に行ったそうです。そのとき僕はおなかにいたので、胎内で放射能を浴びた「胎内被爆児」なんです。
ただ、被爆認定は18歳になってからと遅くて、ある日突然、被爆者手帳がきた感じでした。
 なんでその話をしたかというと、その後の人生行動に大きく影響するからなんです。突然降ってわいた胎内被爆児という経験は、僕にとっては現在にいたるまで、体のことや命のことと密接に関わっています。その後、18歳で長崎を出て、東京の大学に行き、1969年に大学を卒業しました。卒業後、とくにやりたいこともなかったので、鉄鋼関係の商社に就職しました。

増田 大学の学部は?

山下 法学部なんですよ。

増田 法学部で鉄鋼ですか?

山下 そうです。

須永 おもしろいですね。

山下 法学部はいただけで、法律を勉強したわけじゃなかったんです(笑)。

須永 当時は学生運動の時代ですか?

山下 そうです、全共闘の時期です。1965年、大学に入った年に学費値上げ闘争があって、学生たちが大学を封鎖して、全学ストライキが100日間にわたって続くということがあったんです。だから、そのぶんずれ込んで、2年生になったのは8月でした。田舎からぽっと出てきて大学に入って、いきなりそういう出来事に遭遇したので、そこで少しものごとを考えるようになりました。それまでは生き方も迷ってて、あまり先のことは考えてなかった。
 大学闘争の影響はすごく大きかったんですね。当時、学生たちが言っていたことは、主張としてはまっとうだと思いました。同時期にベトナム戦争が激しくなってきたので、それも根が深い運動として、直接は関わりませんでしたが、いろいろ考えるきっかけになりました。結局、大学4年間は、ずっと大学闘争の時代だったんですよね。
 だけど、運動がどんどん過激になって、僕が卒業したころには赤軍派の活動がだんだん活発になる状況でした。大学のなかでも、運動する人どうしが争うのを見て、おおもとの言っていることは同じはずなのに、細かいところで対立して、しまいには暴力をふるうようになってしまった。一番衝撃だったのは、連合赤軍の浅間山荘事件と、その直前に起きたリンチ殺人事件です。あれにはすごく挫折感を感じた。そのとき、暴力対暴力では絶対に解決がつかないと思ったんですよね。
 同時期に、アメリカでは公民権運動が始まってました。キング牧師の非暴力主義に、僕はすごく惹かれて、キング牧師のことを研究したとまでは言わないけど、大事なのはこれじゃないかと思ったんです。とはいえ、大学時代には何も考えがまとまらず、とりあえず就職するしかないので、鉄鋼関係の商社に行ったわけです。
 学生時代、アメリカの若者たちが平和部隊の隊員としでアフリカで活動しているのを知って、自分もそういう活動に参加したいという想いがありました。ですので、英語サークルに入って英会話を学びました。鉄鋼関係の小さい商社で英語ができれば、外国に行けるのではないかと思ったのが就職の動機でした。
 だけど、実際には行くチャンスはなかったですね。入ったら、会社自体ぜんぜん合わなくて……。そのころはちょうど経済成長期で、とにかくイケイケな雰囲気で、だけど僕は、学生のときに産学協同路線にすごく違和感を覚えていたから、自分の考え方と会社の現実がちがうことにすごく苦しくなっちゃったんです。商社の仕事が苦しくて苦しくて、これはもう続けちゃいけないと思ったんです。
 しかも、やる気がないからまったく仕事をせず、出社して朝礼を終えたら、すぐ会社を出て喫茶店でお茶を飲んだり、友だちが営業に行くと、僕もいっしょについて行ったり、ときどきは映画を観に行ったり、友だちといっしょにボウリングに行ったりしてました。
 しかし、そればかりだと、ちょっとむなしいなと思ってね。いくらなんでも、会社に迷惑をかけるし、自分もつらかったので、とにかく辞めようと思ったんです。だけど、辞めたところで何をやっていいかわからない。

つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 09:04| Comment(0) | 居場所・フリースクール関係