2018年08月28日

#45 西村秀明さん

nishimura.jpg

(にしむら・ひであき)
1949年、山口県生まれ。1972年、日本大学文理学部心理学科卒業、山口県中央児童相談所、宇部保健所(現宇部健康福祉センター)、山口県精神保健福祉センターを経て、2003年より宇部フロンティア大学教授。臨床心理士。精神保健福祉士。著書に『子どもの心理 親の心理―子育てはこころ育て』、『ひきこもり その心理と援助』、久保武さんとの共著に『不登校の再検討―子どもたちへの理解と対応 思春期精神保健活動からの報告』(いずれも教育史料出版会刊)。

インタビュー日時:2018年6月30日
聞き手:奥地圭子
場 所:東京シューレ大田
写真撮影:木村砂織

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  45futoko50nishimura.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

奥地 今日はよろしくお願いします。

西村 今日はこの冊子(『不登校への理解―その実践からの報告―』)を持ってきました。

奥地 ずいぶん前の資料ですね。東京シューレで山口にうかがった際、シンポジウムをしたときの記録ですね。日付は1990年7月29日、場所は山口県視聴覚センターとなってますね。西村さんとの出会いが相当古いことがわかります。

西村 もっと前からで、たしか86〜87年のことです。

奥地 85年に東京シューレができているので、その次の年あたりですね。

西村 すぐに知りました、東京に変な人がいると(笑)。

奥地 当時の状況では、そうだと思いますよ(笑)。

西村 このプロジェクトのインタビューに、中澤淳さんも登場していますね(#40)。それで思い出して探してみたら、この冊子が出てきたんです。けっこうおもしろいことを言っていたなあと思って。

奥地 では、そのあたりの話から、お聞きします。そもそも、どうやってシューレのことを知っていただいたんですか。

西村 たまたまです。当時、精神衛生センター(現在は精神保健福祉センター)に不登校の相談が来ていたんですが、相談件数は増えているものの、当時はこちらもよくわからなくて、文献に頼るしかなかったんです。そうすると、たいていは本人の性格だとか、家族の問題だとか書いてあるわけです。でも、「何か変だ、そうなのかな?」と感じて悩んでいたところに、新聞で知ったんだったと思います。
 まあ、東京に変な人がいる、これは何かヒントをいただけるのではないかと思ったんです。それで、精神衛生センターの中国四国ブロックで協議会を開くところだったので、そこにお呼びしようじゃないかと。ちょうど山口が企画担当だったんです。それが奥地さんとの最初の出会いでした。

奥地 湯田温泉で行なわれた大会でしたね。それは覚えています。西村さんが、不登校と出会われたのは、いつごろですか。

西村 最初は、児童相談所にいたころです。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 15:02| Comment(0) | 心理関係

2018年08月07日

#44 兼子和美さん

kaneko.jpg

(かねこ・かずみ)
静岡市在住。現在24 歳の娘さんが小学校2 年生で不登校(2001年)、8 歳から18 歳まで11 年間、ホームエデュケーションで育った。15 歳のとき、学校にも行ってみたくなり、県立単位制高校に進学、ホームエデュケーションと半々の4 年間を過ごし、その後、公立大学国際関係学部に入学。13 歳のときに「植物を育てながら庭をつくる」仕事をしたいと思い立ったことから、現在、娘さんはイギリスの大学でガーデニング&ガーデンデザインを勉強している。

インタビュー日時:2018年5月24日
聞き手:奥地圭子
場 所:東京シューレ王子
写真撮影:本間周子

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  44futoko50kaneko.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

奥地 このプロジェクトでは、これまで、不登校に関わってきたさまざまの立場の方、当事者、親の方などに話をうかがってきました。ただ、ホームエデュケーションでお子さんの成長を考えてきたという方には、まだ登場していただいていないので、今日はホームエデュケーションについて、いろいろお話をうかがいたいと思っています。
 ホームエデュケーションでやっている方には、最初からわが家では学校に行かせないでホームエデュケーションでやるんだという方と、不登校をきっかけにホームエデュケーションを始めましたという方がおられますが、兼子さんの場合はどちらでしょうか?

兼子 不登校になってから、ホームエデュケーションをスタートしたというかたちになります。

奥地 日本ではそういう方が多いですよね。では、まずはお子さんの不登校経験をお話しください。

兼子 娘はいま24歳ですが、小学校2年生の3学期1月に、お腹が痛くて「学校に行くのが心配」ということから始まって、「学校に行きたくない」となって、不登校が始まりました。


●心に穴が空いて

奥地 親から見て、何か原因とかきっかけはあったんでしょうか。

兼子 それまでは、娘は「学校に行きたくない」と言ったことはなくて、ほぼ皆出席で学校に通ってたんです。1年生のときは「楽しい」って言ってたんですけど、2年生のあたりから少し顔の表情が曇ってきて、夏休みに「心に穴が空いて何をしても埋まらない」と言ったんです。

奥地 すごい言葉ですね。

兼子 そうですね。7歳の子が言うようなセリフではないなあと思って、そのときから、「もしかしてこの子は、この先不登校になるんじゃないかな」という予感がありました。

奥地 「心に穴が空いて……」と、学校に行きながら感じていたというのは、どういう学校の状況が関係していると思われましたか?

兼子 夏休み以降も、娘は「行きたくない」と言うことはいっさいなく、表面的には変わりがなかったので、何かはあるんだろうと思っていましたけど、いじめのような具体的な出来事ではない気がしていました。その後、学校に行けなくなった理由について、娘は「このまま学校に行き続けたら、先生の言うことを聞くだけのロボットにされてしまう」と言っていました。「真っ黒な怪物がやってきて、その怪物に心を占領されたら、もう元にはもどれなくなってしまう」みたいな表現もしていました。ですから、具体的な何かというよりも、全体的な感じだったと思います。
 また、大人になってからの表現ですが、「先生は教室の、学級という王国の王様で、その先生に逆らうことはできなかった」「学校全体の圧迫感みたいなものがイヤだったんだと思う」と言っていました。

奥地 やっぱり、学校に気持ちよく、楽しく通っていたわけじゃないという印象ですね。

兼子 そうですね。「学校に行くのが心配」と言ってから2週間後ぐらいに、娘が「学校に行きたくない」と言ったので、私のほうも、学校に行かせなくなりました。つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 16:44| Comment(0) | 親/親の会