2016年08月26日

#02 坂本悦雄さん

005.jpg

(さかもと・えつお)
1929年、青森県生まれ。1935年、入学した村の小学校で不登校状態となり、祖母と同伴登校の日々を送る。1953年、弘前大学卒業、郷里の中学校に赴任。この当時に不登校の生徒に出会い、以来、不登校に関わっている。89年ごろからは自宅で、不登校、非行の子どもたちの居場所「心の窓」を開いてきた。学習援助も週2回ほどやってきたが、親の相談に力を入れてこられ、子どもたちが安心して家に居られるようにと「親の会」も開いている。63年より、県立八戸北高校、青森県立六ヶ所高校教頭を経て、83年より青森県教育庁に勤務。その後、八戸西高校、八戸中央高校校長を経て、89年より八戸市総合教育センター勤務(5年間)。94年より八戸大学勤務(准教授/5年間)。八戸あおば高等学院顧問。


インタビュー日時:2016年7月2日
聞き手:奥地圭子
場所:栃木県小山市
*坂本さんは青森県八戸市在住だが、インタビュー当時、休養・保養のために御夫妻で小山市の娘さん宅に滞在されていた。
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  02futoko50sakamoto.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

奥地:まずは坂本先生の生い立ちからうかがいたいんですが、ご自身、不登校経験がおありだそうですね?

坂本:もう本当に何もない青森県の山奥で生まれました。バスも通っていなくて、食べ物が何もない。肉もない、魚もない。それで小学校に入学するんですが、私自身がひとりでは小学校に行けなかったんですよね。祖母が私のことを毎日連れて行って、それで廊下で針仕事をしてましたよ。

奥地:何年ごろのお話ですか?

坂本:昭和10年(1935年)ごろだったかな? 戦前ですね。私は4月1日の午後10時生まれなので、あと2時間遅ければ次の学年になるのにね(笑)。学校に行けないものだから、役場に下の学年じゃダメかとお願いしたんですが、ダメでした。お願いなんてしないで黙って届ければよかったんでしょうけど(笑)。みんなには「おばあちゃんと行けていいな、いいな」なんて言われましたよ。

奥地:今で言うところの同伴登校ですよね。当時、学校に対してどう思っておられましたか? こわかったんですか?

坂本:ただ、行けなかった。「学校」って言っただけでダメだったね。それでも約2年間、毎日、祖母に連れて行ってもらって、結局、尋常小学校、高等小学校(*1)とも無欠席だったけどね。そのあと、中学校に通うのがまた遠くて大変なわけね。田舎から三戸に出て八戸までだから、32q、歩くんです。汽車のキップもなかなか買えなかったですし、当時は戦時中で食料事情がたいへん悪く、下宿先にあげるお米を背負って行くものだから、次の日は肩が痛くて。1週間は痛かった。

奥地:そうやって育って、それから師範学校に行かれたわけですか?

坂本:ちょうど戦後になって、師範学校が切り替わるところで、弘前大学になりました(*2)。

奥地:それで弘前大学を出られて、地元に赴任されたわけですね。

坂本:昭和28年(1953年)からですね、学校の先生をはじめたのは。大学時代に地元の村から奨学金をもらってたんでね。村から、1年でもいいから地元の中学校に来てほしいと言われていたんです。それで、10年間務めました。

奥地:10年いたわけですか!

坂本:1年でいいってところを10年も(笑)。

●Aくんとの出会い

奥地:先生はホームページで、昭和28年(1953年)ごろ、小学4年生から不登校をしていたAくんという生徒がいた、と書かれていますね。Aくんが、ご自分の出会われた不登校第1号だ、と。

坂本:学校に来れない生徒がいるからというので、会いに行ったんですよ。

奥地:自転車で行かれたということですが、その子は遠くに住んでたんですか?

坂本:遠かった。5〜6qくらいかな。温泉が出る奥地の奥地だったからね(笑)。

奥地:赴任して教室に行ったら、来ていない生徒がいる。だから会いに行こうとなったわけですね。それで家まで行って、会えたんですか?

坂本:薪割りをしていましたね。鉞(まさかり)っていうんだけどね、鉞で、切り出してきた木を30pくらいに切って、立てて、それで割るんです。昔は家事労働を子どもが手伝うものだから、すごく上手でね。

奥地:それで彼に学校に来るように言いましたか?

坂本:すぐ学校に来るようにとは、言いませんでした。それから何度も何度も家に行き、自分にも薪割りをさせてほしいって頼みました。それで、わざと下手にやって的を外してね。「君は上手だね」ってAくんをほめたんですよ。そして「上手だからぜひ学校の薪もやってほしい」って頼んだんです。そうしたら、はじめは生徒たちが来る前に早く学校に来て、薪割りをしてくれて、ほかの生徒が来る前に家に帰るわけです。それをずっと続けてくれました。

奥地:なるほど。

坂本:そうやって、喜んで薪割りをやってくれていたんですが、でも何もあげられないから、妻がおにぎりを作って味噌をつけて焼いてあげていました。他に何もこっちもできなかったですからね。そのときに使っていた鉞は、いまも八戸の私の家にあります。

奥地:ちゃんと取ってあるんですね。じゃあ、そのころは薪ストーブだったんですね? 東京ではもう石炭を使っていたと思うんですけど。

坂本:青森のなかでも僻地でしたからね。ずっと薪でした。今では、道も舗装されてますから、八戸の自宅から車で40分で行けますけれども、そのころは何も交通機関がなかったですからね。

奥地:その後、Aくんは教室には入れましたか?

坂本:毎日薪割りをしながら、だんだん学校にも来るようになってね、だんだんと教室にも入れるようになったね。だんだん明るくなってね。こちらも、とてもうれしかったです。

奥地:やはり薪割りのことがきっかけで来られるようになったということですね。それで、Aくんは中学校を3年間で卒業されたんですよね。

坂本:そうですね。ただ、私の記憶が正しければ、学校に来ても、学校のトイレには行けないらしくて、私たちの住居まで来てトイレをしてましたね。学校のトイレは大勢が使うからイヤだったようで。

奥地:今でもそういう子はいますね。

坂本:それと米が少なかったので、粟や稗のお弁当を持ってきて、恥ずかしくて隠れて食べたりしている子も、かなりいました。

奥地:それでおにぎりを食べさせてあげたりしていたわけですね。

坂本:それくらいしか、してあげられなかったのでね。

奥地:そうですか。そのころ、坂本先生は結婚されてたわけですね。

坂本:はい。赴任して1年経ってからですが、子ども3人もそこで生まれています。

奥地:それは苦労されたんじゃないですか?

坂本:本当に何もなくて、ドジョウくらいしかいませんでしたからね。今となっては、何を食べたのかもわからないです(笑)。そうそう、子どもたちのためにヤギも飼いました。

奥地:Aくんの親は学校に行かせようとしたと書いてありましたけど、親の方とは相談したりしてたんでしょうか?

坂本:親はもう行けないからと、あきらめていましたね。どうにもならないなと。

奥地:村の人たちの学校に行かない子に対する反応ってどうだったんですか?

坂本:その当時は学校に行けない子なんていなかったですからね。その子くらいだったんじゃないでしょうか。

奥地:それから校長先生がおられたと思うんですけれども、どんな方針の方だったんでしょう?

坂本:厳しい人でしたね。名前が金田(キンタ)というので、逆さに読んで「タンキ先生、タンキ先生」と子どもたちから呼ばれていましたね(笑)。そのタンキ校長がいなくなってから、女の校長になったんですが、その校長の提案で、学校給食を始めたんです。貧しい家庭の多い村でしたので、おかずを何も持ってこれない子どもたち、肉を食べたことがない、魚を食べたことがない子どもたちがいました。そこで、農家の多い村なので、野菜とか味噌とかは近所の農家からいただいてね、月曜から土曜まで給食をやったんですよ。みそ汁給食。でも、いつもは野菜だけの味噌汁でも、金曜日だけは、田舎から五戸町まで、20キロの道を自転車で行って、豚の細切れを買ってきて、それで豚汁を作るんです。それを子どもたちに食べさせたら、とても喜びました。

奥地:教員が提供したんですか? 費用は出たんですか?

002.jpg

坂本:肉の代金は、子どもたちといっしょに工面しました。春の山菜採りや田植え、秋はキノコ狩りや稲刈りをしたり栗拾いもしてね。婦人会の人たちが手伝ってくれたんですね。

奥地:Aくんも食べましたか?

坂本:喜んでました。学校に来れなくても部落では友だち関係がうまくいってたから、みんなと食べてましたよ。

奥地:友だちはいたわけですね。ただ学校には行けなかった。

坂本:学校は特殊だったんでしょうね。田舎では、ほかにもいろいろやりました。食べるものがないから蕎麦を作ったり、娯楽が何もないから映画観賞会をやったり(当時「幻灯会」と言っていました)。「家なき子」とか「マッチ売りの少女」とかね。その弁士をやったりもしましたよ。でも、途中でフィルムが切れちゃったりしてね(笑)。

奥地:学校に来れないAくんと出会ったとき、坂本先生ご自身も、付き添いなしでは学校に行けなかった体験があったので、体験的にわかって、共感的に対応されたんですね。坂本先生は「学校に来い」とは言わなかったんですか?

坂本:「来い」とは言わなかったね。まったく自然に来れるようにしてあげた気がするね。彼が中学校を卒業するとき、校長先生に特別お願いして「薪割り賞」を彼のために出してもらいました。そのときの彼の笑顔は今でも忘れることはありません。

奥地:それはよかったですね。Aくんは中学校を出たあとはどうされたんですか?

坂本:左官屋さんに入りましたよ、見習いとして。

奥地:坂本先生がお書きになったもので、全国技能競技大会で二度優勝したと書いてありますね。それから町会議員になられたとも書いてありますけれども、どういうようすだったんでしょう?

坂本:卒業してからも、ちょこちょこ遊びにきてましたね。ちょっと変わってるなと思ったのは、私が高校の教師をやってる時分、同僚の教師が飲みに来てたりしても、その中に入ろうとするんですね。ぜんぜん話が通じなくても一生懸命きょろきょろしてるんですよ。

奥地:不登校だった子が先生の輪の中に入るって、ちょっと考えにくいですけどね(笑)。

坂本:信じられないですよ。

奥地:先生に信頼があったんですね。

坂本:妻だけしかいないときでも家に来て、「先生、何時に帰ってくる?」なんて聞いて「じゃあ待ってる」という感じで帰りを待ってるんですよ。

奥地:その後、社長にもなられたとありますが、どういう会社だったんですか?

坂本:家の風呂の内装などを手がける会社を立ち上げました。どこからそんな力が湧いてきたのか。

奥地:不登校というと集団が苦手なのかなと思ったんですが、その後の動きはそうではなかったわけですね。

坂本:やはり得意なところを伸ばして自信がついたんでしょうね。

●高校勤務時代

奥地:坂本先生は村の中学校に10年いらしたということですが、その後はどうされたんですか?

坂本:八戸北高に新設から18年いました。北高の校長が電話くれて、早く街に出てこいって。それから六ヶ所高校の準備委員として青森市に行って、3年間、教頭として赴任しました。その後、県の教育庁に赴任したんですが、倒れてしまいました。倒れた一番の原因は社会教育課のタバコでしょうか(笑)。今みたいに禁煙はないですからね。自分で吸わなくても、においが家の洋服ダンスにまでついてしまいましたね。

奥地:体調を崩されたんですね。

坂本:はい。復帰してから八戸西高校に行って、それから中央高校の校長になったんです。夜間高校だったので、生徒は5時にならないと来ないんです。それで5時までの公開講座というのをボランティアでやったんですが、それが有名になっちゃって、山形県の天童で全国大会があったときに表彰もされました。

奥地:いまでは夜間高校とか定時制高校もありますけど、ずいぶん早くからやられていたんですね。

坂本:そのころで、一人よく覚えているのは、家庭内暴力がひどかった子ですね。馬乗りになってお母さんを殴ったりして。あの子はとても大変でした。

奥地:その子は中学生ですか?

坂本:そう。それで私の勤めてた高校に入れて、卒業もさせました。

奥地:高校に勤めながらも、不登校児と関わっておられたんですね。

坂本:そうなりますね。半殺しになったお母さんから「助けてくれ」って連絡があって。

奥地:その子はよっぽど苦しかったんでしょうね。

坂本:その子は生まれたときに肛門がなくて、小学校の2〜3年生まで人工肛門だったんですよね。それで手術して普通になったんですけど、そのころから両親の関係がうまくなくなってね。子どもが暴力をふるうようになったら、今度は父親が逃げちゃったんですよね。大変でしたね、本当に。

奥地:それでも坂本先生のいた高校に入られて、卒業は無事されたんですか?

坂本:しましたね。

奥地:高校では落ち着いたんですか?

坂本:まだ卒業するころも、お母さんに、ないお金をせびったり、いろいろ大変でしたけどね。お母さんのほうは、私の妻がいろいろ面倒を見ていました。その子は、はじめて会ったときは1年半も部屋から出てなかったんですよね。だからはじめに会いにいくときは妻に「殺されるかもわからない」と言って出ていきましたね。でも、いまはちゃんとお勤めしてますよ。みんなそうやってよくなってるんですよね。

奥地:そんな子たちは坂本先生のこと忘れないですよね。

●「心の窓」の活動

奥地:「心の窓」を始められたのはいつごろなんですか?

坂本:本格的に始めたのは退職してからかな。中央高校を退職して、青年の船に講師として乗船しました。その後、10月から八戸市総合教育センターに5年間勤めたんですよ。そこが登校拒否の子を受けいれるところだったんです。

奥地:何年ごろのことですか?

坂本:退職したのが平成元年(1989年)ですね。

奥地:はじめは総合教育センターでの活動だったんですね。

坂本:ところが家まで押しかけてくるんですよ、子どもが。親もですけど。

奥地:総合教育センターではどんな感じだったんですか?

坂本:やはり自分一人のものじゃないので、こういうふうにしようって言ってもなかなかできないので、悩みに悩みましたね。

奥地:他の方と考えがちがったりするわけですね。

坂本:それで子どもたちもセンターに行かなくなったりして、家に来るようになったんですよ。

奥地:その流れはなんとなくわかります(笑)。

坂本:センターでは「買い物はしちゃだめ」、「靴はそろえて脱ぎなさい」、「時間は守りなさい」ってうるさいからイヤだって。「ペットも連れてくるな」って。うちは犬連れてきてもネコ連れてきてもよかったので。(下の写真を示して)この子たち、みんな学校に行かない子だったんですよ。

004.jpg

奥地:本当に受けいれられて、安心すると、みんな自分の持っている力を発揮するんですよね。もともとは優しい子たちですものね。これはご自宅?

坂本:自宅です。みんな自宅に来て、私も妻も誰もいないと玄関に立って待ってるんですよ。

奥地:「心の窓」は週に何日開いてたんですか?

坂本:毎日ですよ。毎日生徒がやってきて、8畳と10畳の2間がぎっしりでした。30人か、もっと来たろうね。

奥地:それだけ居心地がよかったんでしょうね。居場所というか。

坂本:お母さんたちにとってもね。そのころ作った看板がまだありますよ。それを見て盛岡や京都から来た方もいたりしてね。

奥地:何年までやってたんですか?

坂本:何年までというか、八戸に帰ると今もまだバーッと集まるんですよ。もう親たちがスクラム組んで離れないんです(笑)。もう子どもたちも立派になったんだから、親の会も解散したらって提案したんですが、別れたくないって。公民館で集まったり、山小屋に行ったり、おしゃべりしたり。山小屋は、5・5ヘクタールの山にあって、「アインマール」と名づけて、遊歩道もあって、18張のテントを設営できます。

奥地:世間がみんなわかってくれるわけじゃないですからね。安心できる仲間ってことですよね。すばらしいお仕事を残されましたね。ご自宅で何年くらい活動されてきたことになるんでしょうか?

坂本:25年以上はやってるんじゃないでしょうか。

奥地:奥さんといっしょに、ご夫婦でやってこられた感じですね。集まってくる子どもたちで何か活動はされたんですか?

坂本:山に連れてって、小鳥の巣箱を作ったり、キャンプしたり、いろいろしましたね。椎茸などの菌をつけて、キノコをとって、鍋に入れて料理したり。

奥地:費用はいただいてたんですか?

坂本:どこからもいただいてないですよ。すべて持ち出しです。一番おもしろかった企画は闇汁会だね。部屋を暗くして、みんなで鍋の具をつつくんですよ。

奥地:あ、闇鍋ですね。東京シューレでもたまにやってます。

坂本:子どもたちが好きなものを持ってきて入れるんですよ。弁当屋さんのご両親が大きいエビを2箱も用意してくださって、すごい豪華な闇汁になりました。

奥地:そうやって、いろんなつながりができてきますよね。

坂本:私がその弁当屋にたまに行くとですね、娘がお世話になりましたって、1000円とは思えないような豪華な弁当を作ってくれるんですよ。

奥地:やはり心がつながるってことですね。「心の窓」をはじめる前に倒れられたというお話でしたが、始められてからは、ずっと順調だったんですか?

坂本:またやって、またやり直しって感じで、3回くらい倒れてます。

奥地:その間も子どもたちは来られてたんですか?

坂本:そうなんです。

奥地:小山(栃木県)にはいつ来られたんですか?

坂本:去年です。それまでに妻が2〜3回倒れまして。それで2人で生活するのが難しくなって、(小山の)娘夫婦が心配だからって、こちらに移ってくるようにと。娘の夫が医者ですし、娘がデイサービスをやってますから。そこで、ここに世話になっているんです。

003.jpg

奥地:奥さんも、生徒やお母さんたちとの関わりのなかでお疲れになっていたということでしょうね?

坂本:やはり、どうしても女どうしでしかわからない話もありますし、子どもを受けいれようと思っても、旦那さんと奥さんの歩調が合わないってことがありますよね。そういうのは妻が相手になってあげて。大変でしたね。

奥地:本当にご夫婦で力合わせて不登校と関わってこられたわけですね。そんなこと、なかなかできないことですよね。「心の窓」って相談室だと思ってましたが、居場所、フリースクールのような場所でもあったんですね。相談も無料だったんですよね。

坂本:もちろんです。

奥地:本当に完全にボランティアだったんですね。毎日のように子どもが来るわけですよね? 帰ってくれなかったりもするんじゃないですか? 夜になっても。

坂本:夜になっても帰りたくない子はいました。妻が夕飯の支度をはじめると「今日は何食べるの?」なんて聞いてきたりするわけです。そこで食べさせるのは簡単なんですけれども、頼られることになったら良くないので、お母さんに連絡して「夜は子どもといっしょに食べるようにしてください」って言ったりしてましたね。

奥地:そういう方針を持っておられたんですね。毎日、子どもたちが来るなかで、ご自身たちの休息の必要は感じなかったんですか?

坂本:たとえばキャンプに行きますって企画して、前金を取らないわけですよ。それで今回は40名だと思って仕度してても、3家族来られないとなると、10人ぶんくらい減りますからね。そのぶんがパア……。

奥地:そういうこと、ありますよね。

坂本:そろばんなんて弾いてられないですよ。

奥地:そういうとき腹立ったりしないんですか?

坂本:しゃあないでしょ(笑)

奥地:心が広いんですね。来るお子さんたちのなかには、学校に行っている子もいたんですよね?

坂本:はい、行ったり行かなかったりって子はいましたね。そのなかで兄妹2人、中学から行けなかった2人が、1人は東大に入って、1人は電気通信大学に入って、いまでは一流企業に勤めてますよ。

奥地:すごいですね。つらいとき、苦しいときに無理に学校に行かないのがよかったんだと思います。

坂本:お母さんがわかって、お父さんがわかっても、そのおじいちゃんとかおばあちゃんがわかってくれないって場合があるんですよ。

奥地:とくに田舎はそうでしょうね。お年寄りはね、なかなか飲み込んでいただけないですよね。

坂本:この子はどうなるだろう。親はいつまでも生きてないからって思うじゃないですか。

●いま思うこと

奥地:そうやって昔から不登校と関わり続けてきて、いま、不登校について坂本先生が思われることはどういうことですか?

坂本:とにかく待つってことですね。あせって何かをやらせるんじゃなくて。何万人も相談したなかで言えることは、叱ってはいけない、責めてはいけない、元気づけるな、励ますな、ただ温かくじっと見守ってほしい、ということ。ただ、早い遅いはある。けれど、彼らはぜんぶ立ち直る。みんな良くなるんだよ。でも親は待てないんだよね(笑)。

奥地: 文科省の調査では、不登校は1966年の統計開始から少しずつ減っていたのが、1975年からは急激に増えるわけなんですけれど、それについてはどう感じられますか? 日本全体の話ですが。

坂本:親御さんたちも、あまり心の交流がなくなってきてるんでしょうね。それと自然に触れる機会も減ってきていて、みんなカリカリしてるんじゃないでしょうか。

奥地:これからやってみたいことってありますか?

坂本:何でもやってみたいですよ。生きているかぎり(笑)。

奥地:八戸には帰られるんですか?

坂本:ここにいつまでもいると娘には迷惑かかりますし、考えてはいるんですけれどね。帰るたびに無理をしてしまうものだから娘は心配しますね。

奥地:やはりみなさん、八戸に帰られると会いに来るんでしょうね。それから新しい方も伝え聞いて来られるんじゃないですか?

坂本:そうなんですよね。私は耳が悪いものですから、医者の先生に「もうちょっとなんとかならないですか」って聞くんですけど、先生は「歳だからダメです」と(笑)。

奥地:耳以外はお元気なんですね。

坂本:内臓は健康なんですよね(笑)。

奥地:でも、帰られると無理しちゃうんでしょうね。

坂本:親の会の人たちは私たちを頼ってますからね。2人が風邪をひくと差し入れがたくさん来ますし、一時的に帰宅したときでも、野菜がいるでしょと言って、野菜のお惣菜がどんどん来るんですよ。ありがたいことです。

奥地:本当に慕われてるんですね。

坂本:しょっちゅう人が来ますね。今日もこのあと、京都で働いている教え子がきます。

奥地:不登校の子が増えても、関心を持たない教員はいるわけじゃないですか。坂本先生はどうしてそういう子たちを放っておけなかったんですかね?

坂本:自分も学校に1人で行けなかったからでしょうね。建物に対する圧迫感とか。でも、不登校の子と関わるのは楽しみでしたよ。みんな良くなるんだから。長い短いはあっても。

奥地:いろいろお話を聞かせていただいてありがとうございました。



*1 尋常小学校、高等小学校:1941年までの学校制度では、尋常小学校が義務教育で、高等小学校(現在の中学校にあたる)は義務教育ではなかった。

*2 師範学校:戦前の教員養成学校。青森師範学校は1949年に弘前大学教育学部になった。
【インタビュー:学校関係の最新記事】
posted by 不登校新聞社 at 19:55| Comment(0) | インタビュー:学校関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: