2018年05月08日

#39 駒ア亮太さん

komazaki.jpg

(こまざき・りょうた)
1944年、神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学経済学部卒業後、会社勤めをしたものの、すぐに辞めて、高校教員に。洲本高校、茅ヶ崎高校の全日制を経て、1983年から湘南高校の通信制に(1996年まで)。通信制高校では、脱学校の思想と重ね合わせて活動していた。三吉クリニック(藤沢市)との出会いから、カフェ・ドゥ・そーじゃんという居場所にも関わる。1996年から2005年まで、茅ヶ崎高校の定時制で教員をしていた。

インタビュー日時:2018年3月21日
聞き手:栗田隆子、山下耕平
場 所:磯里(神奈川県大磯町)
写真撮影:山下耕平

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  39futoko50komazaki.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

栗田 おひさしぶりです。私は89年から湘南高校の通信制に通っていて、当時、駒アさんの授業も取ってました。ですから、お会いするのは30年ぶりぐらいになります。まずは、駒アさんの子ども時代のことからうかがっていきたいと思います。お生まれは神奈川県ですよね。

駒ア そうです。1944年、鎌倉生まれです。生まれて間もないころ、母親の実家を頼り兵庫県西宮市に移り住んで、そこで空襲に遭って、父親は焼夷弾が屋根にかぶったところをたたき落としたと言ってました。その後、長野県に疎開したんですが、僕は乳飲み子で、おふくろは乳が出ないので、代わりに杏の実を拾って、やっていたと言ってました。敗戦で、また神奈川にもどってきたんですね。

栗田 その後、お父さんは、単身ブラジルへ渡ったそうですね。

駒ア 僕が5歳のころ、起業してブラジルで一旗揚げると言ってね、幼い子ども3人と妻を残して行っちゃったんです。でも、いい面もあってね、父親は日本的な親の権威を持ってなかったんです。そのうえ、いなくなったものから、僕は父親の権威を知らずにのびのび育ったんですね。いつだったか「日本は自由ではないけど、君たちは自由にやりなさい」と言ってました。
 昔、同僚から「あなたには男親の影がないね」と言われたこともあります。まあ、プラス・マイナス両面あるんだろうけどね。

山下 ご苦労もあったのでしょうね。

駒ア 父親は次男だったんですが、どういうわけか、父方の祖父のめんどうを母がみることになって、家を売り払って、借家生活で、祖父といっしょに暮らすことになったんです。舅で元校長のこのじいさんが身勝手で横暴でね。
 それと、僕は小学校を途中で転校してるんですが、転校後の男性教員(後年、校長に)が、暴力的・差別的でね。そういう経験から、男性の横暴とか暴力に敏感になりましたね。それはプラス面かな。

栗田 転校前は、湘南学園に通われていたそうですね。湘南学園は私立学校で、何というか、のびのびしたところですよね。

駒ア 4年生までは湘南学園に通ってました。その後、公立の御成小学校(鎌倉市)に転校したんです。そこで何が変わったかというと、いろんな子がいたんですね。当時、戦災孤児や母子家庭で貧しい家の子のめんどうをみる施設のことを「保育園」と言ってたんですが、「保育園」から学校に通ってきている子が、クラスに4〜5人ぐらいいました。
 同じクラスに、貧しい子もいれば、お金持ちの坊ちゃんもいる。金持ちの家の子は、ピアノやお絵描きや習字をしていたりね。成績もいい。そこには露骨な格差があったし、差別もあった。でも、恥ずかしいことに、当時の僕は、坊ちゃんの仲間に入りたかったんだよね。

栗田 転校後の学校の暴力的な先生というのは、どういう感じだったんでしょう。つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 07:02| Comment(0) | 学校関係

2017年11月15日

#28 松崎運之助さん

matsuzaki.jpg

(まつざき・みちのすけ)
1945年、中国東北部(旧満州)生まれ。 中学卒業後、三菱長崎造船技術学校、長崎市立高校(定時制)を経て、明治大学第二文学部卒業。 江戸川区立小松川第二中学校夜間部に14年間勤務ののち、足立区立第九中学校を経て、足立区立第四中学校夜間部勤務。2006年定年をもって退職。 著書に『夜間中学―その歴史と現在』(白石書店1979)、『学校』(晩聲社1981)、『青春』(教育史料出版会1985)、『母からの贈りもの』(教育史料出版会1999)、『ハッピーアワー』(ひとなる書房2007)、『路地のあかり ちいさな幸せ はぐくむ絆』(東京シューレ出版2014)など多数。

インタビュー日時:2017年8月22日
聞き手:佐藤信一、野村芳美
場 所:東京シューレ王子
写真撮影:佐藤信一
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  28futoko50matsuzaki.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

佐藤 今日はよろしくお願いします。最初に松崎さんご自身について、お話しいただきたいと思います。

松崎 僕は1945年に満州で生まれました。上に兄貴がいたのだけど、日本に向かって逃避行を続けるさなかに亡くなってしまった。親がついていながら、わが子をそういうふうにさせたということで、おふくろは自分も(お腹の中にいる)この子といっしょに死ぬんだと言って騒いでいたそうですが、まわりの人たちに「亡くなった子のぶんも思いを託してその子を産むんだ、みんなの希望になると思うよ」と説得されて、それで僕を生んでくれた。
 おふくろは誕生日が来るたびに、「おまえは(戦後の混乱や貧困のなか)無念の思いで死んでいった子どもたちのお余りをもらって命をつないできたんだ。だから、おまえの命の後ろには、無念の思いで死んでいった、たくさんの子どもたち、大人たちの思いがつながっているんだ。みんなに生かされてきたんだ。みんなに支えてもらったんだ」ということをまっすぐに話す人だったんです。


●おふくろとの幸せな瞬間

 長崎に戻ってきたあと、おふくろは3人の子どもを食べさせるために、男の人に混じって力仕事をして、日銭を稼いでいました。帰ってくるのが遅いので晩ごはんを買ってくるんですが、疲れているから、すぐ横になって寝ちゃうんですよね。おふくろに寝られると、子どもである僕らは寂しくてしかたがない。朝早く出かけて行って、夜遅く帰ってきて、やっと帰ってきたと思ったら、寝てしまうでしょう。子どもなりに話したいことが山ほど溜まってるわけ。それで考えたんです。早めにおふくろを迎えに行こうと。向こうの橋が見える、あの橋の街灯の下でおふくろを迎えれば、帰る道々、話すことができると思ったんですね。
 当時、僕は小学校3年生で、2歳と3歳の妹・弟の保育園の迎えも僕が行ってましたので、妹と弟を連れて橋の街灯の下に出かけて行って、子ども3人で影踏み遊びなんかやりながら、おふくろの帰りをひたすら待ってました。やがて角を曲がっておふくろの小さな姿が見えると、 もう3人が歓声をあげて「母ちゃんおかえりなさい」って、大騒ぎ。押したり、引っぱったり、抱きついたり、それで3人が同時に話し始めて、もう1日で一番幸せな瞬間なんです。

野村 なんか、すごくぜいたくな感じがしますね。

松崎 そうそう。そのおふくろとの青空みたいな、そよ風みたいなものが、以後の3人の生活を支えてくれたんですよ。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 15:26| Comment(0) | 学校関係

2017年07月07日

#22 北村小夜さん

kitamura.jpg

(きたむら・さよ)
1925年、福岡県久留米市生まれ。1950年〜1986年まで都内の小・中学校で教員(そのうち1965年から86年の退職まで中学校で特殊学級担任)。子どもたちとのつき合いのなかから、子どもを分けてはならないことに気づき、共に学ぶ地域の学校づくりを目指して、障害児を普通学校へ・全国連絡会世話人などで活動してきた。1990年〜1991年、中国の長春師範学院で日本語を教える。著書に『一緒がいいならなぜ分けた』(現代書館1987)、『再び住んでみた中国』(現代書館1992)、『能力主義と教育基本法「改正」』 (現代書館2004)、『戦争は教室から始まる』(現代書館2008)など。

インタビュー日時:2017年6月5日
聞き手:山下耕平
場 所:北村小夜さんご自宅(東京都大田区)
写真撮影:山下耕平

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  22futoko50kitamura.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

山下 北村さんは、お生まれは何年になりますでしょうか。

北村 私は1925年、福岡県久留米市に生まれました。92歳なので、明日には死んでるかもしれません(笑)。私が生まれた年に治安維持法が公布されて、その後、どんどん戦争に向かっていって、20歳のときに敗戦になりましたが、戦後の混乱期は相当なものでした。食べ物はないし、多くの人が死んでいるか生きているかわからなくて、人さがしをしていて、進駐軍の検閲も厳しくて……。
 来年が明治維新から150年ということですが、大ざっぱに言えば、明治維新から敗戦までが70年ちょっと、敗戦後から現在までが70年ちょっとですね。いまは、私が子どものころ、戦争前の状況とよく似ています。ちょうど少し前に震災もあって、偶然かもしれないけど、いろんなことが重なる。戦後、こんなに物騒な時代はなかったと思います。

山下 なるほど、たしかに符合することが多いように思いますね。まずは、ご自身の子ども時代の、学校との関係からうかがいたいのですが、小学校に入学されたのは何年になりますでしょうか?つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 13:40| Comment(1) | 学校関係