2018年10月15日

プロジェクト趣旨・概要

 学校基本調査で「学校嫌い」の統計が開始されたのは1966年。学校を長期欠席する子どもは、学校制度とともに常にいました。しかし、現在につながる「問題」として不登校が社会現象化してきたのは、この統計開始以降とも言えます。この50年、不登校は「問題」であり続けてきました。それは、学校、教育行政、精神科医療、家族のあり方、働き方などが、さまざまに問われてきた「問題」だったと言えます。この50年は学校に行かない子どもたちにとって受難の歴史だった一方、親の会やフリースクールなどの市民運動が立ち現れてもきました。いったい「不登校50年」の歴史は何を語るのでしょう。不登校をめぐって、時代ごとにどんな状況があり、どのように問題とされ、どう対応されてきたのでしょうか。
 統計開始から50年にあたる2016年、全国不登校新聞社では、不登校50年証言プロジェクトを開始し、2年あまりにわたり、不登校経験者、親、親の会、居場所・フリースクール、医療、心理、施設関係者、教員、学者、ジャーナリストなど、さまざまな関係者の生の声を集め、記事にしてきました。本数にして47本、証言者の数は52名。これらの証言はアーカイブとして残したいと考え、その社会的意義を考え、インタビューはすべて無料で公開しています。そのため、このプロジェクトは寄付を募って運営させていただき、多くのみなさんにご寄付をいただきました。ご協力いただいたみなさん、プロジェクトの記事を読んでくださったみなさんに、厚く御礼申し上げます。

2018年10月15日
全国不登校新聞社

→全インタビュー記事収載PDF
futoko50project.jpg

posted by 不登校新聞社 at 08:35| Comment(0) | お知らせ