2017年05月11日

#18 竹渕陽三さんと「竹の子会」のみなさん

takebuchi01.jpg

 今回は、情緒障害児短期治療施設(以下、情短施設)の実際をうかがいたいと、大阪市立児童院(情短施設)で1962年から27年間、児童指導員を務めていた竹渕陽三さんと、60〜70年代に情短施設に入所していた方で、現在も竹渕さんを囲む「竹の子会」に集まっておられる4名の方に、お話をうかがった(偶然にも、そのうちのおひとり、児島一裕さんは、日本で最初期のフリースクール「地球学校」創設者であり、本プロジェクトで、あらためてインタビューにうかがう予定)。前半は竹渕さんに、後半は、おもに「竹の子会」のみなさんにお話をうかがっている。

◎竹渕陽三さん

(たけぶち・ようぞう)1932年、長野県生まれ。立教大学卒業後、牧師になるため神学校に進むが中退し、法務教官として神戸再度山学院(初等少年院)に勤務。その後、大阪少年鑑別所を経て、1962年、大阪市立児童院(情緒障害児短期治療施設)開設当初から、児童指導員として1989年の定年まで勤めた。定年後は、児童養護施設で働いていた。(写真中央)

◎竹の子会

大阪市立児童院の入所経験者の有志で竹渕さんを囲む会。インタビュー当日は、以下の4名の方が参加しておられた。

・児島一裕さん:1956年兵庫県生まれ。小学校5年生で登校拒否になり、小学校卒業までの1年10カ月、児童院に入所していた。その後、1985年にフリースクール地球学校を設立。愛称はうーたん。(写真左から2番目)

・Aさん(男性):1962年大阪市生まれ。小学校4年生から5年生にかけて児童院に入所していた。

・森脇涼美さん:1956年兵庫県生まれ。小学校をほとんど行かず、6年生終了時に原級留置となり、その後の1年間を児童院で過ごした。(写真一番右)

・Bさん(女性):1955年兵庫県生まれ。登校拒否の経験はないが、小学校5年生のとき(1966年)に児童院に入所し、1年を過ごした。

◎情緒障害児短期治療施設

1961年の児童福祉法改正で定められた施設(開設は1962年〜)。当初は学校恐怖症(不登校)や年少非行児童のメンタルケアなどを目的とし、12歳未満を対象としていた。しかし、近年は児童虐待への対応が求められるようになり、現在は在籍児童の7割以上を被虐待児が占める。また、約3割が広汎性発達障害の児童となっている。現在は全国に45施設できている。2016年の児童福祉法改正で、2016年4月より児童心理治療施設と名称変更された。


インタビュー日時:2017年2月19日
聞き手:貴戸理恵、山下耕平
場 所:竹渕さんが入所されている老人ホーム(大阪府堺市)
記事編集・写真撮影:山下耕平
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  18futoko50takebuchi.jpg
--------------------------------------------------------------------------------
〈テキスト本文〉

貴戸 今日はよろしくお願いします。滝川一廣先生(本プロジェクト・インタビュー#06参照)のご著書『学校へ行く意味・休む意味』で竹渕先生のことを知って、ぜひ情緒障害児短期治療施設での実際をうかがいたいと思い、インタビューをお願いした次第です。

竹渕 情緒障害児短期治療施設(以下、情短施設)は、1962年に児童福祉法の改正施行で認められた施設で、当初は岡山県立津島児童学院、静岡県立吉原林間学園、大阪市立児童院の3カ所でした。どの施設も、施設長は児童精神科医で、大阪市立児童院の施設長は林修三先生でした。当時、林先生は児童相談所の所長もしていました。フランスへ視察に行かれて、そこで情緒障害というものを勉強して日本に概念を持ち帰って、厚生省(当時)で勉強会を開いて、児童福祉法が改正されて、情短施設がつくられたという経緯だったと思います。私は、1962年の開設直後から、定年になる1989年までの27年間、児童指導員として勤めていました。

貴戸 まずは竹渕先生の個人史からうかがいたいのですが、情短施設に勤め始めるまでの経緯を教えてください。つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 09:52| Comment(0) | 施設関係

2016年11月27日

#08 藤野興一さん

fujino01.jpg

(ふじの・こういち)
1941年、鳥取県生まれ。同志社大学卒業。学生運動、労働運動を経て、1976年、鳥取こども学園の児童指導員となる。1994年、情緒障害児短期治療施設「鳥取こども学園希望館」の開設に関わる。現在、社会福祉法人鳥取こども学園常務理事・園長。

鳥取こども学園:前身は、鳥取孤児院・育児院(1906年創設)。1949年、財団法人「鳥取子ども学園」に名称改称。1952年、社会福祉法人へ組織変更。ゆったりとした敷地内に、児童養護施設、乳児院、保育所、情短施設、診療所、養育研究所などを開設、その他、自立援助ホーム、若者サポートステーション、作業所など幅広く児童・青年のための福祉施設を運営。

インタビュー日時:2016年10月3日
聞き手:増田良枝、関川ゆう子
場所:全国社会福祉協議会種別談話室(東京都千代田区)
写真撮影:関川ゆう子
まとめ:増田良枝、関川ゆう子

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  08futoko50fujino.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

増田:はじめに、鳥取こども学園とご自身についてうかがいたいと思います。

藤野:僕は孤児院の住込み職員の子どもだったものですから、戦後、まわりがみんな戦災孤児の時代に、自分だけが目の前に親がいるので、逆に、非常に不便な思いをして育ちました。ですから、施設のなかで生まれて、そのなかで育って、ずっと施設と関わってきたんですね。そのことが、いまに活きているのかなと思っています。
 大学は、同志社の福祉を選びました。1960年入学ですから、学生運動の時代です。学友会という全学自治会の委員長までやっていたんですが、60年安保で挫折を味わいました。その後、やっぱり労働運動だということで、全電通労働組合という、電電公社(現NTT)の労働組合の専従書記として入りました。当時、ILO(国際労働機関)で、在籍専従(組合員が勤務先に籍をおいたまま、労働組合の専従者になること)が廃止になって、そういうなかで大卒の専従を募集するというので書記になったんです。先だって亡くなった日本労働組合総連合会初代会長の山岸章さん(1929〜2016)が、当時は書記長的なことをやっておられました。

増田:藤野さんが、児童養護施設それから情緒障害児短期治療施設をやってこられた理由が、なんとなくわかりました。

つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 20:21| Comment(0) | 施設関係