2017年10月20日

#26 松浦幸子さん

matsuura.jpg

(まつうら・さちこ)
1948年、新潟県生まれ。働きながら法政大学文学部で学び、1972年卒業。1982年、東京YWCA専門学校社会福祉科を卒業し、精神科ソーシャルワーカーに。1987年、心を病む人たちが食事づくりで交流する居場所、クッキングハウスを設立。クッキングハウスは、1992年に玄米食のレストランを始め、2001年にはティールームも開設。2005年12月、精神障害者自立支援賞(リリー賞)受賞。著書に『不思議なレストラン』『続不思議なレストラン』『生きてみようよ! 心の居場所で見つけた回復へのカギ』(教育史料出版会)など。

インタビュー日時:2017年9月14日
聞き手:山下耕平
場 所:クッキングハウス(東京都調布市)
写真撮影:山下耕平

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  26futoko50matsuura.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

山下 まずは、松浦さんの子ども時代のことから、うかがいたいと思います。お母さんは満州から引き揚げてこられたそうですね。

松浦 母は満州の安東(現在の丹東)に13年住んで、1946年11月に引き揚げてきました。父とのあいだには子どもが3人いて、私は3番目、生まれたのは1948年5月ですが、とても貧しくて、ほんとうに食べていけない状況だったんですね。父は病に臥せっていて、このままだと赤ん坊の私を育てられない、とにかく、この冬を越せるだけでもという思いから、その年の12月30日、母は子ども2人を置いて、私をおんぶして、新潟の農家に嫁いだんです。その家では、結核で先妻を亡くして、先妻の子どもも2人いて、働き手を探していたんですね。
 でも、当時の農村は貧しかったですし、育ての父の暴力がひどくて、母はすごく苦労していました。いまだったらDVで問題になるところですが、しょっちゅう殴られたり蹴られたりしていて、ケガをして働けなくなると、私は母を連れて、友だちの家に避難していました。それで、その家の方が「ご飯食べてきた?」と聞いてくれると、すごくホッとしたんです。聞いてくれないと、「ご飯食べてない」とは言えない。だから、「ご飯食べてきた?」と聞いてくれると、子どもながらにすごくうれしくて、安心しました。でも、かならず父が見つけて迎えに来て、帰らないといけない。そのときは屈辱的な思いがありましたね。
 それでも、私がいじけないですんだのは、母が子守歌のように、実の父のことを話してくれていたからだと思います。母は隠さない人だったので、「あなたのほんとうのお父さんは」とよく語ってくれて、母も父のことを尊敬していたことが伝わってきました。自分の心の誇りとして、暴力をふるう人はほんとうのお父さんではなくて、ほんとうのお父さんは立派な人だと思うことで、あの状況に耐えられたんだと思います。それと、口グセのように言っていたのは、「戦争は絶対にしてはいけない」ということでした。「戦争をすると人の心がずたずたに引き裂かれてしまうから、戦争はしてはいけないよ」と。

山下 実のお父さんは、満州では、どんな仕事を。

松浦 満州鉄道の社員で、安東で税務署の署長をしていたそうです。引き揚げのときは、最後まで引き揚げ者名簿をつくっていて、過労で担架で船に運ばれて、帰国後も何年も病気が癒えず、復帰するまでがたいへんだったようです。その後、いまの新潟県三条市で信用組合をつくって、信頼のある仕事をして亡くなったそうです。
 父が亡くなったとき、遺産相続の手続きで私の存在が兄弟にわかって、兄たちと会うことができました。しかし、私は父には1回も会うことはできませんでした。母は「そのことだけは申し訳なかった」と悔いていました。

山下 戦争が引き起こしてしまった事態のなかで、お父さんにもお母さんにも、引き裂かれるような思いがあったのでしょうね……。松浦さんが育ったのは、1950年代の農村地域で、しかも、もともとは小作農の家だったんですよね。かなり生活状況は厳しかったんでしょうか。

松浦 ほんとうに貧しかったですね。母が再婚した家は、玄関はむしろがかかっているだけで、むしろ戸を開けると馬がいて、その馬が横を向いているあいだに、そっと通り抜けないと中に入れない。屋根も、杉皮を葺いた上に重石が乗っかっていてね。台風なんかが来ると、屋根の石がごろごろ落ちてくるんです。
 おじいさんは、口ぐせのように「塩をなめなめ金を貯めて田んぼを買うたんだ」と言ってました。ぜいたくは許せないというので、あるとき、料理にしょうゆや油を使ったというだけで怒鳴られて、養父に茶碗を投げつけられて、母は足をケガしていました。でも、うちだけではなくて、当時は、どこの家も貧しかったですね。
 母は、夜遅くまで畑にはいつくばって働いていて、そこで泣いていたそうです。ほんとうにどうしようもなくて泣いたとき、誰にも言えない思いを、土が受けとめてくれて、癒やしてくれる。それで、「土はいいもんだね。さんざん泣いても、土の上だと、あとが元気になって体がしゃんとする」と言っていました。

山下 松浦さん自身も、ご苦労があったでしょうね。

松浦 当時、私は栄養失調みたいな状態だったんですね。就学前にそう言われたものですから、母は心配して、夜、寝ていると、布団のなかに煮干しとかを入れてくれるんです。ふとんをかぶりながら、煮干しをかじるんだけど、音を立てないようにするのが大変でね。あと、一番つらかったのは、私の茶碗だけ、ご飯の下に生卵が沈めてあることがあってね。丸いちゃぶ台で、まわりには、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、先妻の子も2人いるでしょう。どうやって隠して食べていいかわからない。必死になって、真っ赤な顔をして緊張して食べていたのを、いまでも覚えてます。でも、それくらい、栄養が足りなくて弱かったんですね。
 そういう経験があるから、後に、私が心の病気をした人と出会ったときに、やはり、ご飯が大事だと思ったんです。緊張しないで、みんなで明るく笑い合ってご飯を食べられることができたらいいのにと、ずっと思っていたんだと思います。つづきを読む
【居場所・フリースクール関係の最新記事】
posted by 不登校新聞社 at 17:58| Comment(2) | 居場所・フリースクール関係

2017年09月26日

#25 永井順國さん

nagai.jpg

(ながい・よりくに)
1941年、広島県生まれ。早稲田大学卒。1964年、読売新聞社東京本社入社、社会部司法・教育担当、解説部次長などを経て、87年から論説委員(教育・文化・ボランティア論担当)。退職後、女子美術大学芸術学部教授(1998〜2007年)を経て、国立政策研究大学院大学客員教授(2007年〜2017年)。専門分野は教育制度・教育政策論、NPO・ボランティア論。著書に『学校をつくり変える―「崩壊」を超える教育改革』(小学館1999)、共著に『危機の義務教育』(読売新聞解説部/有斐閣1984)、『英国の「市民教育」』(日本ボランティア学習協会2000)などがある。文部省教育課程審議会委員、生涯学習審議会委員、中央教育審議会臨時委員、文化庁高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会座長、文部科学省フリースクール等に関する検討会議座長などを歴任。現在は、放送大学教育振興会理事、国立青少年教育振興機構運営諮問委員などをつとめている。

インタビュー日時:2017年7月18日
聞き手:奥地圭子
場 所:東京シューレ葛飾中学校
写真撮影:木村砂織
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  25futoko50nagai.jpg
--------------------------------------------------------------------------------
〈テキスト本文〉

奥地 今日はよろしくお願いします。まず、永井さんは何年生まれでしたでしょうか。

永井 1941年(昭和16年)です。

奥地 あ、私といっしょですね。

永井 奥地先生は広島県三原市出身で、三原高校を出ておられますでしょう。私は忠海高校を出たんです。

奥地 存じています。同郷の衆ですね。どちらも広島県で近隣の高校にいたことになります。忠海高校を出たあとは?


●新聞記者として

永井 早稲田大学に行きました1960年入学です。60年安保の年でした。大学を1964年に卒業して、読売新聞社に入って、1998年に退職するまで、34年間いました。

奥地 退職後は?

永井 女子美術大学の教授になりました。美術大学教授というと芸術系みたいに聞こえますけど、私は教養系で、教職課程も受け持っていました。2007年、65歳の定年まで勤めて、その年の4月に、政策研究大学院大学の客員教授になりました。それも、今年(2017年)3月で退職しました。

奥地 最近では、文科省のフリースクール等に関する検討会議の座長をされてましたね。それ以外に、どんな委員をされてきたんでしょう。

永井 文部科学省の中教審(中央教育審議会)で、初等中等教育分科会、教育制度分科会、大学分科会、生涯学習分科会に関わりました。

奥地 不登校に関わられたのは、学校不適応対策調査研究協力者会議(*1)ですね。

永井 その最終報告(1992年3月)に関わりました。

奥地 その委員になられたのは、読売新聞で教育や不登校について書かれていたからだったのでしょうか。

永井 1976年から、社会部記者として教育問題に携わるようになったんです。その後、文部省(当時)記者クラブに所属しました。教育問題を担当して、連載をやったりしていました。文部省記者クラブ詰めは3〜4年、その後も社会部、解説部記者として教育を担当していました。

奥地 うちの子が不登校になったのは78年ですが、そのころには、いじめや校内暴力が、けっこうありましたね。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 16:46| Comment(1) | ジャーナリスト・評論家

2017年09月09日

#24 中沢たえ子さん

nakazawa.jpg

(なかざわ・たえこ)児童精神科医。1926年、兵庫県神戸市生まれ。旧姓・鷲見たえ子。戦争中に東京女子医学専門学校(現在の東京女子医科大学)に入学し、戦後に卒業。1950年より、名古屋大学医学部精神医学教室にて児童精神医学を専攻。最先端を知りたいと思い、アメリカ行きを決心。1955年から3年間、マサチューセッツ州ボストンにて、当時アメリカで主流だった精神分析学および幼児のplay therapyを修める。帰国後、国立精神衛生研究所(現在の国立精神・神経医療研究センター)に勤務し、1960年に論文「学校恐怖症の研究」を発表。この論文は注目を集め、今なお不登校の初期の論文として引用されることが多い。結婚後の1962年、再度渡米し、ロサンゼルスで障害児保育を学ぶ。帰国後は児童精神科のクリニックを開き、その草分けとなる。2016年まで院長を務める。著書に『子どもの心の臨床 心の問題の発生予防のために』(岩崎学術出版社1992)、『障害児の心の臨床 知的・情緒的障害児とその親の心』(岩崎学術出版社2001)など。翻訳書にアンナ・フロイト『家庭なき幼児たち : ハムステッド保育所報告 : 1939-1945 上・下』 (岩崎学術出版社1982)など多数。

インタビュー日時:2017年7月7日
聞き手:奥地圭子、朝倉景樹
場 所:中沢たえ子さんご自宅(神奈川県藤沢市)
写真撮影:朝倉景樹、奥地圭子
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  24futoko50nakazawa.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

●児童精神医学の研究を始めたころ

奥地 どうして児童精神医学を学ぼうと思われたのでしょうか。

中沢 精神医学を学び始めたときは、とくに子どもをとは思ってはいませんでした。ただ、従来の精神医学が人間をきちんと見ていない、そこを見なければという思いはありました。出会いとつながりのなかで、子どもを診るようになったということでしょうか。

奥地 そのなかで不登校の子どもと出会ったのでしょうか。

中沢 そのころは、まだ登校拒否なんてことは、まったく話題になっていませんでした。

奥地 そうですよね。

中沢 思い返せば、1例だけあったように思いますが、まだ、そういう相談もない時代でした。そのころのことで言うと、当時、ずっと診ていたKちゃんのことがありました。お世話になっていた村松常雄(*1)先生からレオ・カナー(精神科医/1894―1981)が自閉症について書いた論文を勧められて読んだのですが、子どもをよく見て書いてありました。その論文とKちゃんが、マッチしていたんですね。それで、村松先生が、「何でもいいから九州の学会へ出してみろよ」と言われて。私はぜんぜん自信がなかったんですけれども、「困ったら僕が何とか応援するよ」っておっしゃるので、1952年の日本精神神経学会で、自閉症の第一例を報告しました。それをきっかけに、私は、子どもにどんどんのめり込んでいったんですね。

朝倉 報告の反響はいかがでしたか。

中沢 「鷲見さん、早く結婚して、自閉症の子どもをつくれよ」って言われました。

朝倉 まあ、なんとごあいさつな。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 08:56| Comment(0) | 医療関係