2018年04月06日

#37 古山明男さん

furuyama.jpg

(ふるやま・あきお)
1949年千葉県生まれ。京都大学理学部卒業。出版社勤務を経て、私塾・フリースクールを開き、学習支援と不登校の子どもとの交流に関わってきた。教育の多様性を推進する会(通称おるたネット)の代表であり、オルタナティブ教育の啓発普及のための情報発信およびそのネットワークづくりにつとめている。著書に『変えよう!日本の学校システム――教育に競争はいらない』(平凡社2006)、『ベーシック・インカムのある暮らし』(平凡社2015)がある。

インタビュー日時:2018年2月9日
聞き手:加藤敦也、佐藤信一
場 所:古山塾(千葉市)
まとめ:加藤敦也
写真撮影:佐藤信一

--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  37futoko50furuyama.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

●不登校と関わるきっかけ

古山 私と不登校との関わりは、88〜89年ごろからなんですね。

加藤 それは、どうしてだったんでしょう。

古山 ボランティアで不登校の子どもたちに勉強を教える場があって、そこで先生をやらないかという話が来たんです。

加藤 千葉市でのことですか。

古山 そうです。うちの近くで、中学生から高校生の不登校の子どもたちが来ていました。僕はそのころ専門学校の講師をしていたんですが、暇はたくさんあったので、「高校生まで全科目教えますよ」と言ってね。
 私自身、会社勤めしてたとき、会社に不適応だったんですね(笑)。ですから、「この人たちも、あのときの僕の気分でいるんだろうな」って、あたりをつけて、「自分がされたくなかったことはすまい、されたかったことをしよう」と思って接していたんです。そうしたら、それがストライクでね。たくさんの子どもたちがなついてくれました。何がストライクだったかというと、「きみはこうするといいよ」というようなことを、いっさい言わないということだったんです。それと、何気ない関係をつくることです。
 会社勤めしてたときは、いつ辞めようかと考えながら勤めてたんですが、親切な人が「君、このままじゃもったいないから、がんばろうよ」って言ってくるわけ。もちろん、いい人だったんだけど、「くそったれ。俺は辞めるかどうか考えてんのに、あんたまで、がんばれって言うのかよ」と思ってね。親切なアドバイスのつもりでも、それがいかに人を傷つけるか、感覚でわかっていたんだと思います。

加藤 さしつかえなければ、会社はどこだったのしょう。もしくは職種でもよいのですが。

古山 平凡社という出版社です。

加藤 じゃあ、編集のお仕事ですか。

古山 ええ。でも、勤め始めた動機が不純だったんです。つまりは周囲の期待に応えて、いい会社に入っただけ、という感じでね。大学は理学部なんですけど、まともに勉強してなくて、エンジニアとしては食ってけなくてね。でも、やたら本は読んでるから、出版社なら何とかなるかなと思って受けたら、採用されちゃったんです。
 出版社も会社組織で、自分は編集者をしているけど、その下には印刷や製本の人たちがたくさん働いていて、その人たちの苦労の上に成り立っているわけですね。自分も日本資本主義の尖兵じゃないかと思いました。当時は、資本主義批判の価値観が広がっていました。それと自分の社会観があって、いまは身分のない社会のはずなのに、目上とか目下とかおかしいじゃないかってね。そういう社会観に生きていたものですから、僕は中学、高校、大学と、部活には入らなかったんです。先輩・後輩の関係があるから。でも、会社にも先輩・後輩があるじゃない。それをいっさい無視して敬語を使わなかったので、総スカンをくらいました。

加藤 ああ、なるほど(笑)。

古山 不適応の一番の原因はそれかな(笑)。あちらから見れば、ぜんぜん社会的訓練ができていないヤツでした。
つづきを読む
【居場所・フリースクール関係の最新記事】
posted by 不登校新聞社 at 17:45| Comment(0) | 居場所・フリースクール関係

2018年03月22日

#36 常野雄次郎さん

tsuneno.jpg

(つねの・ゆうじろう)
1977年、兵庫県赤穂市生まれ。小学校3年生の終わりに千葉県市川市に転校。その後、小学校4年生から登校拒否。1年ほど家にひきこもり、11歳から東京シューレに通う。13歳のとき、『学校に行かない僕から学校に行かない君へ』(東京シューレの子どもたち編/教育史料出版会1991)に、著者のひとりとして書いている。アメリカ、イギリスに留学し、イギリスのランカスター大学を卒業。2005年、貴戸理恵さんとの共著で『不登校、選んだわけじゃないんだぜ!』を出し、明るい登校拒否や学校を選択するという考え方を批判した。

インタビュー日時:2017 年8 月3 日
聞き手:貴戸理恵、山下耕平、山田潤
場 所:関西学院大学大阪梅田キャンパス
記事編集・写真撮影:山下耕平
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  36futoko50tsuneno.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

貴戸 まずは、ご自身の不登校の経験から教えていただければと思います。

常野 私は不登校児だったことはなくて、登校拒否児だったんですね。なので、不登校ではなく登校拒否経験ということになります。本来、不登校でも登校拒否でも、どちらでもいいんですが、私の時代は登校拒否と呼ばれていて、そこにあった侮蔑的な意味合いを避けるために、何か腫れ物にさわるのを避けるように、不登校という言葉に代わってきたように感じているので、少なくとも自分のことを言うときには登校拒否と言っています。
 まず、登校拒否になる前のことを話をしますと、私は1977年生まれで、小学校に入ったのは1984年です。すごく学校に適応する子どもで、先生という権力者にも好かれてましたし、授業も楽しくて友だちも多かったんです。当時は兵庫県赤穂市の小学校に通ってました。学校では、運動会や行事の練習という名目で、毎日のように軍隊行進をさせられてました。だけど、私はそれに合わせるのが上手で、あまりにも私の行進に合わせるリズム感がいいので、教師が「みなさん、常野くんのリズムに合わせましょう」と言うぐらいでした。よく登校拒否の体験談で、学校に行けなくなるきっかけとして、学校に適応できなかったことが語られますが、私の場合は、むしろ適応しすぎていたんです。


●もう人生おしまいだ

貴戸 行けなくなった直接のきっかけはあったんですか。

常野 小学校2年生の終わりごろ、なんとなく行けなくなったことがあったんですが、学年が変わってからは、また何の問題もなく通っていました。その後、小学校3年生の終わりに千葉県の市川市に転校したんです。千葉県は管理教育で有名ですが、体罰がイヤだったとか、陰湿ないじめがあったということはなくて、なんとなく行けなくなってしまったんですね。
 私は「学校信仰のジレンマ」と名づけているんですが、学校なんて行かなくてもいいじゃないかという考えがあったら、1〜2日休んでも、また行けばいいと思える。しかし学校は絶対に行かねばならないと強く信仰していると、ちょっとの休みで「いけないことをしてしまった。もう顔見せできない」と思って、1週間、2週間と休むようになって、それが1カ月、2カ月となって、どんどん行けなくなってしまう。私の場合は、そんな感じで学校に行けなくなって、「もう人生おしまいだ」と思ってました。

山下 行かなくなり始めたのはいつごろですか?

常野 小学校4年生の10月ごろです。1987年のことですね。

貴戸 学校に行かない子はダメな子だというのは、誰かから言われていたのか、それとも自分で感じていたのでしょうか。

常野 誰かから明示的に言われたというよりも、当時の社会規範を内面化していたということだったと思います。

貴戸 五月雨登校のようなことはなかったんですか?

常野 学校信仰が強いがゆえに、そういうことはなかったですね。

山田 転居・転校がなかったら、登校拒否もしてなかったと思いますか?

常野 どうでしょうね。

山田 私たちは「学校に行かない子と親の会(大阪)」を1991年に始めたんですが、そのころでも、関東から転居してきた子たちが、言葉でいじめられて学校に行けなくなるという話を多く聞きました。言葉というのは、かっこうのいじめの対象になりますね。常野さんの場合は、どうだったんでしょう。

常野 そういうことはなかったですね。言葉でトラブルになることはなかったです。

貴戸 学校に行けなくなるのって、スモールステップの積み重ねのように思うんです。私の場合だったら、朝起きられないとか、朝ご飯が食べられないとか、ランドセルを背負うけど、おなかが痛くなってしまうとか、そういうことがありました。常野さんの場合は、どういう感じだったんでしょう。

常野 そんなにドラマチックなエピソードはなくて、なんとなく行けなくなったという感じだったんです。行けなくなるまでは、そんなにイヤなことはなかったんです。しかし、行けなくなったことで、どんどん落ち込んでいったんですね。自分は学校にも行けない悪い子だ、将来どうなるんだろうと。
つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 09:43| Comment(0) | 当事者

2018年03月08日

#35 高岡健さん

takaoka.jpg

(たかおか・けん)
1953年、徳島県生まれ。1979年、岐阜大学医学部卒業。岐阜赤十字病院精神科部長、岐阜大学准教授を経て、2015年より岐阜県立こども医療福祉センター発達精神医学研究所所長。日本児童青年精神医学会理事。少年事件の精神鑑定も数多く手がける。雑誌『精神医療』(批評社)編集委員。著書に『人格障害論の虚像』(雲母書房2003)、『引きこもりを恐れず』(ウェイツ2003)、『不登校・ひきこもりを生きる』(青灯社2011)など多数。共著に『不登校を解く』(共著:門眞一郎、滝川一廣/ミネルヴァ書房1998)、『時代病』(共著:吉本隆明/ウェイツ2005)、『殺し殺されることの彼方』(共著:芹沢俊介/雲母書房2004)など多数。

インタビュー日時:2018年2月3日
聞き手:山下耕平、山田潤
場 所:フリースクール・フォロ
記事編集・写真撮影:山下耕平
--------------------------------------------------------------------------------
→PDF(組版データ)をダウンロード  35futoko50takaoka.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

〈テキスト本文〉

山下 このプロジェクトでは、多くの方に、ご自身の子ども時代、とくに学校との関係からうかがっています。高岡さんは、徳島のお生まれでしたね。

高岡 1953年、徳島市生まれです。小学校4〜5年生のころ、愛媛県の新居浜市に転校したんですが、新居浜は、いわば住友の町でした。もともとは漁業を中心とした町だったんですが、それが解体されていく一方で、住友の関係の会社がどんどん進出していました。町には、たくさんの住友系の従業員が自転車で往来していて、道路を占拠するぐらいでした。
 当時は、校歌にも「工場のサイレン」というくだりが入っていて、校長がわざわざ訓示で「この工場というのは学校の前の木工製作所のことではなくて、住友の工場のサイレンのことです」と説明するぐらいでした。

山下 「住友」が輝かしかったんですね。

高岡 そういうことです。ですから、同級生のなかには、解体していく漁業(第1次産業)の家の子どもと、当時、成長産業だった住友系(第2次産業)の会社員の子どもとがいたわけです。

山下 高岡さんの家はどうだったんですか?

高岡 父親は四国電力に勤めていて転勤族だったこともあって、私はどちらと親しいということもなく、漁業の家の子とも住友系の会社員の子とも、どちらともつきあっていました。
 漁業の家の子は、ときどき学校に来ないことがあるんですね。アオサ採りと言ってましたが、海藻を集める仕事に従事していました。それはあたりまえのことになっていて、その間は学校公認で休んでいるわけですね。
 それから、私は落ち着きがなかったせいか、学年の途中でクラスを替えられたことがありました。ただ、いま考えても先生がうまかったなと思うのは、新しい担任が「高岡よ、ワシは一度おまえの担任をやってみたかったんだ。いいか?」ときいてきたんですね。私も機嫌よく「いいですよ」と言ってね。母親も単純なもので、「そりゃよかったね」と言って、途中でクラスを替わりました。

山下 いまだったらAD/HDとか言われて、特別支援学級に移されているのかもしれないですね。

高岡 おそらく、そうでしょうね(笑)。まあ、そういうことはありましたが、小学校では、放送係などをやって、好きな機械いじりをしていたり、5年生の終わりで、また徳島に転校した際には、先生たちが餞別に絵の具をくれたりして、いい思い出が残ってますね。いいことだけを覚えているのかも知れませんが。

つづきを読む
posted by 不登校新聞社 at 22:38| Comment(0) | 医療関係